[ M_2013秋リトブル他 ] のタグを含む記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 多肉植物へ web拍手 by FC2     カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | TB(-) |

t140828_1.jpg t140828_2.jpg 写真の日付見たらもう先々週くらいの話!

暦の上では秋だけどまだまだ夏だわーとか思ってたのですが、しかし太陽の角度はカクジツに変化し、横からの日差しが増えていたんですねー

ネットの下から陽が入るようになっていたことに気づきませんでした。

被害はこのひと鉢だけだったのが幸いですが、一粒になってしまいため息ものです。僕もまだまだですな……
スポンサーサイト

t140726_1.jpg t140726_2.jpg t140726_3.jpg まるも・えりさえ・ぱり。
二重脱皮も気にしてませんが、ちょっと小さくなりすぎだろう……。

t140726_4.jpg t140726_5.jpg t140726_6.jpg しくん・きしくん・にちりん
大きいし、脱皮も薄皮になるまで粘るし、カッチリしてるしで何かと安心感があります。

t140726_7.jpg t140726_8.jpg t140726_9.jpg べにおーうち・おーつえ・みっくす
紅大内が常に脱皮してる感じでカオス。さすがに密集してる所で何粒か溶けてます。

っとまあ結構顔が出てきた感じですが!夏です。越せるのかとても不安です。
秋まで残ってたら植え替えしてみたいですけど。

t1400321_1.jpg t1400321_2.jpg t1400321_3.jpg ブルゲリ、南蛮玉、綾耀玉です。 外見が、だいぶらしくなってきました。

綾耀玉が9頭いい感じで育ってたのですが、先月溶かしてしまい3頭まで減ってしまいました。
場所移動した直後だったので、焼けたかなと思ってますが……
ブルゲリも地味地味と減ってます。これから夏本番ですが、どうなるやら。

t140722_2.jpg t140722_2.jpg かー。梅雨があけつつありますねえ。

アボニア・パピラケアは先月1本逝きました。
大きさあまり変わってません。が基部が太くなったような気がしなくもな……まあ正直小さくてよく見えんのです。

エケベリアはたぶんギガンテアで間違いないと思うんですけどでかいのが。
でかいです。んで間延びしてるふうなので、日向に出したら他のが焼けるという。
めんどいけど鉢を分けるしかないなーと決意して只今乾かし中。

t140513_1.jpg t140513_2.jpg プラカップが割れてきたので引っ越し。
小さいのがごちゃーと密集していて、バラすのが怖かったのでそのまま鉢増ししました。

ぼちぼち特徴が出てきて、この葉形はサブリちゃんっぽいか?こっちはジュリアかな?などワクワクしながら見守っています。

ミックス種子は実生の練習のつもりで、期待していませんでしたが、予想外に楽しいです。

t1400323_5marmo.jpg t1400323_6elisae.jpg t1400323_3.jpg まるも・えりさえ・ぱり。
脱皮したら特徴出てきましたね。とはいえまだまだ小さすぎてという感じです。

t1400323_7sikun.jpg t1400323_8.jpg t1400323_2.jpg しくん・きしくん・にちりん
和名の読み方ば超適当なのでちがうかも。 黃紫勲はせんぞがえり的な茶色い奴がいくつか出ました。間引くべきか考え中。

t1400323_1.jpg t1400323_9otze.jpg t1400323_4.jpg べにおーうち・おーつえ・みっくす
紅大内は発芽した時から三つ葉のものがけっこう出ましたが、脱皮したら二つ葉にもどりました。 一方で二つ葉だったものが脱皮したら三つ葉・四つ葉になるなど。多いです。近親交配てきなアレがナニしてるんでしょうか知りませんが多い。

とまあこんな感じで超適当管理でそこそこ順調です。
ここまでの感じだとメセンの実生は非常に容易です!と言いたくなりますが、この先梅雨と夏とが控えており、そして初めての移植が鬼門です。

t1400321_1.jpg t1400321_2.jpg t1400321_3.jpg ブルゲリ、南蛮玉、綾耀玉です。
ブルゲリは大きいものは5,6ミリになりましたが、一方で2ミリに満たないものも埋もれてたりします。かなり成長に差が出ています。
ディンテランサスは脱皮したら肌の質が変わりました。まだ親株の雰囲気とは違う感じですが。

t1400319_1.jpg t1400319_2.jpg エケベリアはミックスなのでボチボチ葉幅に差が出てきましたかね。 ハッキリと特徴が出るのはもっと先でしょうか。
あまり期待してませんが珍しい物が入ってれば楽しいなあ。

アボニアは3ヶ月前からぜんぜん育ってない感……
まあ生きてるだけ良いですが……
根張りも浅くて、潅水の時に表土ごと浮き上がってしまう感じですわ。

タイトルはジブリをパクってみました!(※知名度
t131220_1.jpg t131220_2.jpg t131220_3.jpg
t131220_4.jpg
いつもは写真2枚と150文字もでっち上げれば記事が来ちゃう楽々フォーマットなので、写真3枚以上あると途端にめんどくさい……
コノブルゲリ、ディンテ南蛮玉、ディンテ綾耀玉です。
で紅大内玉。
ご覧の通り苔まみれなので、表土を乾燥気味にもっていき、 鉢底の方は湿った状態をキープしてみようと思ってます。

この四種はプラカップにも撒きましたが、苔まみれの大鉢の方が明らかに育ちがよいです。
発芽率は数えてないので不明ですが、それも良いような気がします。
容器が大きいほうが、水分の変動が少ないので、それが良かったのでしょうか。
苔もはえるけど、正直あまり気にしてません。笑

t131220_5.jpg t131220_6.jpg t131220_7.jpg
t131220_8.jpg t131220_9.jpg t131220_10.jpg
プラカップのリトはこんな感じ。早く乾燥するので苔少なめ。
まあまあまあまあまあ、良いんじゃないの。普通に。という感じです。引き続き放置。

t131219_1.jpg t131219_2.jpg エケベは20粒撒いて10本ほど?、アボニアは10粒撒いて5粒発芽。
個人的には満足な打率。

エケベリアはもう少しすると特徴出てきそうな感じがします。
アボニアは紙っぽいやつがすでに出てきて楽しいです。

も少し明るい場所へ、とベランダの変な場所に移動してみました。存在忘れないようにしないと。

t131019_1.jpg t131019_2.jpg 読書の秋、食欲の秋そして実生の秋です。
僕も冬型っぽいメセンを蒔いてみました。

めんどいので全部書きませんが、紅大内玉を含むリトープスいろいろ、ディンテランサス、コノフィツムブルゲリなどなど。

開花球に比べて種子は破格のお値段と言って良いでしょう。ばんばん買ってざばざば蒔きましょう。
購入先はヤフオクの複数出品者とネットショップなどバラバラです。蒔いた時期もちょいズレてます。
来年は自分で輸入してみようかな〜
播種は9月中旬〜下旬。
前回よりも適当になり、某カインズホームの「ポット・種まきの土」おんりーです。
よく見ずに買いましたがピート主体のふわふわした土です。雑草?の種子が混入してるのでなんか生えてきますw あんま気にしませんが。
消毒は最初の吸水の水をお薬にしたのみ。
容器はデカ鉢とプラカップに分けてみました。同じものを半数ずつ蒔いて、管理のしやすさを比べてみようかなと思ったのですが、種子を数えるのがめんどくさすぎて折れました。
個人輸入した種子をオクでさばいてる方はすごいです……。

t131019_3.jpg t131019_4.jpg 一口にリトープスといっても、カタチも大きさも種子の大きさも違いますね。

どんな風に育つかは不明です。なんせ調べずに買ってる(え)
調べるのめんどっちいので……。何が出ても持ってない種類であることに間違いはないので……。

リトは発芽早いですね。2〜7日でほぼ出揃いました。

t131019_5.jpg t131019_6.jpg ディンテランサスの発芽遅い……発芽しないかも……と思ってリトープスを追加でぶっこんだりしました。
発芽はしたものの成長すんごい遅いです、あと調べたら難物とか出てきたので早々に希望を捨ててロマンだけを楽しもうと思います。

ブルゲリも発芽……発芽だけなら俺でもできる……マクダケダカラナ……
難しそうな雰囲気が充満してますがなんといってもロマンです。いやブルゲリはマロンか。

t131019_7.jpg t131019_8.jpg ベンケイソウの実生の練習もしてみたいと急に思い立ち、エケベリアミックスなどを購入してしまいました。
現在カイワレですがどうなることやら。

そしてなぜかアボニアも。。。
はいはいロマンロマン。


つづく……かも
かてごてすと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。