カテゴリー  [ 実生 ]
[ 未分類カテゴリとは ]
新しいカテゴリ用画像つくるのって意外とめんどいのでとりあえずココ!(そんな仕様にしたのは誰)
入手したは良いけどすぐ枯らしたら切ない、要するに育てる自信がないものもココ(^q^)
ある程度育てて、軌道に乗ったなと思ったらカテゴリ独立させようか、などと。
まあ丈夫な種でも枯れるときは枯れるわけですが!
[ ベランダ・道具 ]
使ってる道具や土やベランダの環境などをここに書いておくとトラブルがあったとき原因がわかるかもね
あと変なことやってると親切な人がツッコんでくれるかもね(他力本願)
[ 宝草 ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は入手当時)
入手:2012年3月 もらったー
はじめての多肉植物・・・では正確にはなくて、
思い返してみると、いくつかの多肉植物やサボテンを買ったり貰ったり枯らしたことがあるのら。。。
でもちゃんと育て方調べたりして、がっつりハマるきっかけになったのはこの人。

備考:-
方針:辛め
[ オブツーサ ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は入手時)
入手:2012年6月 カクト・ロコ(630)
いろんな人の多肉ブログを見て「私もオブツーサほしいよう」と思い、ネット通販に手を染めたのだった。
まあ3桁円だけどね・・・
想像していたよりもずっと丈夫で育てやすい(・∀・)
ぜひ立派なオブボールにしたいものである。

備考:-
方針:適度に水やり、日当たりの良い場所で
[ グリムワン (エイグリーワン)] ベンケイソウ科/グラプトベリア属
(写真は入手時)
入手:2012年5月 ホームセンターJ(298)
エケベリアだと思って育ててたらどうやらグラプトベリアだった(花で判明)。
レアではないが人気でもない、そんな子。ガッチリむっちりほんのり白粉で良い子ですよ。

備考:-
方針:日照ガンガンで群生を目指す
[ ハムシー(花の司)] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は入手時)
入手:2012年5月 道の駅的な所(158)
買ってくるなり葉焼けした人。
自慢のうぶ毛も茶色くなってしまって……うううう

備考:木立性。葉焼けしやすいかも
方針:水は辛め、初夏〜秋は遮光下で
[ 桜吹雪 ] スベリヒユ科/アナカンプセロス属
(写真は2012年6月)
入手:2012年5月 足利フラワーパーク(200)
みごとな藤を見に行って、多肉を買ってきたのである。
年中ピンク色なのである。

備考:-
方針:丈夫らしいので適当に育てる
[ 黒法師 ] ベンケイソウ科/アエオニウム属
(写真は入手時。手は大きさ比較)
入手:2012年6月 ホームセンターD(100)
黒法師ほしいぜと思っていた矢先に半額になっているこの人に出会う。グッタイミン。
買ったはいいけど土には白カビ、葉っぱぐにゃぐにゃ。。。
引っこ抜くと湿った土全体からカビの匂いが立ち昇るのであった。泣ける!
まぁそんな黒法師さんが今の家内なんですけどね。

備考:暑さ寒さに弱い
方針:てきとーね
[ ウンブラティコラ ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は2012年7月)
入手:2012年6月 カクト・ロコ(525)
川でネットショッピングしていたら、ウンブラコウンブラコと流れてきたのです。
ハオルチアは半日陰がセオリーみたいだけれど、まーそこらへんのベンケイソウ科より断然直射日光に強い。
いや生育にはどうかわからんけど。

備考:仔吹き旺盛
方針:てきとーねー
[ 福娘 ] ベンケイソウ科/コチレドン属
(写真は入手間もない頃)
入手:2012年5月 F陶器店(128)
買った時からくねっとカーブしているのである。どことなく海の生き物っぽくて好きだ。
がっちりとした丈夫な株に育ってほしいのだが、不注意で新葉を折ったりしている。

備考:暑さにあまり強くない 寒さには強いっぽい
方針:てきとーねー!
[ 子猫の爪 ] ベンケイソウ科/コチレドン属
(写真は2012年9月 瀕死の頃)
入手:2012年6月 京成バラ園(200)
バラを見に行って多肉を買ってきたのである。
売店に多肉サボテンコーナはあるものの、正直管理はイマイチだたね(でも買う)バラ園だものね。

備考:暑さに弱い 寒さには強いらしい
方針:夏に注意!
[ 紫麗殿 ] ベンケイソウ科/パキフィツム属
(写真は購入時)
入手:2012年5月 ホームセンターJ(258)
まだ多肉植物にハマるかハマらないかの頃。ふらっと寄ったホムセンに多肉コーナーが。そんで落ちました(ダークサイドに) よくわからないので見た目で選んだ方です。高貴な方です(私の中で)

備考:カイガラムシ注意
方針:てきとーよー
[ ビロード茜 ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入時)
入手:2012年6月 F陶器店(100)
ビロードというよりインドシルクじゃね? 毛生えてないし謎の光沢あるし。
葉は扁平だけど意外と固く肉厚。ぐに〜と噛んだら気持ちよさそう(えっ)

備考:-
方針:てきとーよー
[ 五十鈴玉 ] ハマミズナ科/フェネストラリア属
(写真は購入時)
入手:2012年8月 ホームセンターJ(199)
いそぎんちゃくー


備考:寒さに強く暑さに弱い。
梅雨まで成長期 夏は休眠。水切り気味で(風通しの良い夜に少しやる or シリンジ)
方針:セオリーに従う(まだ調べ中)
[ 子持ち蓮華 ] ベンケイソウ科/オロスタキス属
(写真は2012年10月)
入手:2012年5月 F陶器店(0)
近所の園芸店で多肉を買ったら、レジ袋の中に、買ってない植物が千切れて紛れていたのである。
わーらっきー!と思いその2センチほどの子株を置いといたら何とか根が出たみたいで、
それがまぁ今の妻なんですけど。

備考:冬に休眠
方針:てきとーだ!
[ プミラバッカータ ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は2012年10月)
入手:2012年8月 ホームセンターJ(199)
なんだろう、こういう恐竜いるよね(いないよ)
お日様にあててもお水上げても乾燥しても無表情なのです。

備考:-
方針:てきとーね
[ エルネスティ ] ベンケイソウ科/クラッスラ属
(写真は2012年6月)
入手:2012年5月 足利フラワーパーク(200)
小さいけどクラッスラらしく十字形。そして古い茎や葉が硬くなるのもね。
極度乾燥しなさいとばかりにひたすら水を切って日に当てまくったら減りました(あたり前)
ちゃんと可愛がりますハイ。

備考:紅葉で赤くなる
方針:よーしよしよし
[ 星の王子 ] ベンケイソウ科/クラッスラ属
(写真は2012年6月)
入手:2012年5月 足利フラワーパーク(200)
すべすべーとした肌と、むっちり肉厚な感じがどうにもニホンアマガエル。
真上から見ると線対称じゃなくて点対称ですね、ほら成長点が平行四辺形ですね(うっさいわ)

備考:寒さに強い。開花すると株が弱るので、芽先を取ってそこらへんにてきとーに挿しておくこと。
方針:てきとー!
[ 女雛 ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入時)
入手:2012年6月 カクト・ロコ(210)
エケベリアを殺傷能力でソートすると上の下ぐらいでしょーか(上の上は大和系だとおもう)
コロンとした小作りなシルエットと赤い縁取りが可愛らしいです。

備考:仔吹き旺盛
方針:てきとーに愛でる
[ 爪蓮華 ] ベンケイソウ科/オロスタキス属
(写真は購入時)
入手:2012年6月 F陶器店(100)
多肉コーナーにあるから多肉なんだろなーという感じの出会い(^_^;)
遮光なし雨ざらし放置でも元気な良い子です。

備考:冬に休眠 開花後枯れる
方針:てきとーに愛でる
[ ウサギ丼 ] ベンケイソウ科/カランコエ属
(写真は2012年7月)
入手:2012年6月 F陶器店(白黒各100)
固まる化粧砂にじっと植わってたのが不憫で購入。
葉の表面がシワってもなかなか気づかないので怖いなー・・・と思いながらも絶賛放置中。
早く巨大化してくれ。

備考:寒さに弱い
方針:寒いのきらいなのー
[ 熊童子 ] ベンケイソウ科/コチレドン属
(写真は購入時)
入手:2012年9月 ホームセンターJ(189)
(」・ω・)」クマー!(/・ω・)/
リラックマより知床のクマがすきですよ僕は。なのでぜひ巨大化してほしいものである。

備考:暑さに弱い 寒いのは平気ぽい
方針:暑いのきらいなのー
[ エリザベス ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入時)
入手:2012年6月 F陶器店(100)
他の多肉ブログでも登場回数が多い方ではない……気がする。
素性というか系統が気にならんでもないが、学名をえっちらおっちらするほどの気力はない。
そんな浅い多肉フアン……いいのよっっっ見た目が可愛ければっっ!

備考:-
方針:てきとーに可愛がる
[ イリア ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入時)
入手:2012年6月 カクト・ロコ(315)
細長い葉が密に重なり合って美しい種。

備考:綴化しやすいようだ
方針:てきとーに可愛がる
[ 正体不明1号 ] ベンケイソウ科/???属
(写真は購入時)
入手:2012年6月 F陶器店(100)
名前がわからない物。クラッスラブルーバードが有力候補?とりあえず花待ち中。
<候補(わからんけど)> クラッスラアルボレッセンス クラッスラブルーバード コチレドン紅覆輪 コチレドンオルビキュラータ

備考:-
方針:スパルタで平気そう
[ たぶん五重塔 ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は購入時)
入手:2012年5月 F陶器店(100)
目に見えた成長がないので、育てているという感覚が薄い人。まぁ見た目は嫌いじゃないので気長に。

備考:-
方針:てきとー!
[ 野薔薇の精 ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入時)
入手:2012年7月 ホームセンターJ(199)
他所様のブログでよく見る綺麗なコが近所のホムセンにいたので攫ってきました。
イイ女に育てたいと思います。ワッサーと大きくなってモサモサ―と群生してほしいのです。

備考:-
方針:てきとー
[ リトープス ] 名前クリックで種類ごとの記事を抽出かも…
リトープスは溶ける予感がめっちゃある!というわけで(どういうわけだか)ひとまとめ。

麗虹玉 2012年8月〜 ホームセンターJ(199)
オリーブ玉(C109) 2012年10月〜 神代サボタニ即売(500)
[ サンバースト ] ベンケイソウ科/アエオニウム属
(写真は購入時)
入手:2012年9月 ホームセンターJ(199)
サンバーストって太陽フレアのことではなく、強めの陽射しのことみたいですねそうですね。
色が褪せたら蛍光ピンクのペンで塗ればいいですねそうですね。

備考:葉焼けしやすい?
方針:わからん。てきとー
[ リラシナ ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入時)
入手:2012年9月 ホームセンターJ(199)
なんとなく絶チルの紫の子を連想します。絶チル見てないけど。
葉をスプーンでしごいて微妙なカーブをつけ、一枚一枚接着している……と想像してみましょう。

備考:-
方針:てきとー
[ グラプト丼 ] ベンケイソウ科/グラプトペタルム属
(写真は2012年7月)
入手:2012年6月頃 F陶器店(-)
ブロンズ姫と朧月、野良グラプト(駐車場で野生化してるのを失敬してきた)をぶっこみ。野良も朧月っぽいけど(^_^;)

備考:-
方針:雨ざらし放置
[ 月花美人 ] ベンケイソウ科/パキベリア属
(写真は購入時)
入手:2012年5月 ホームセンターJ(250)
肉厚の葉をばーんと広げる大柄な人。最初、徒長しているのではと思ったが、締めてもこんな感じみたいですね。

備考:成長が早く強い
方針:雨ざらし放置
[ ディエルシアナ/ディルシアナ ] ユリ科/ハオルチア属 H.dielsiana
(写真は購入時)
入手:2012年10月 SENさん(-)
ディエル!俺のターン!!
窓の部分が大きくてうつくしー(^-^Ξ^-^)

備考:仔吹き旺盛
方針:過保護めてきとー
[ クブシエ ] ユリ科/ハオルチア属 H.kubusie JDV95/7 kubusie Drift, W of Stutterheim
(写真は購入時)
入手:2012年10月 SENさん(-)
くぶしゑ。くるぶしではない。
色々なタイプがあるようだがこれは青みが強いタイプ。

備考:-
方針:過保護てきとー
[ イクラ ] ユリ科/ハオルチア属 H.ikura MBB386/70 Mgwali, Stutterheim
(写真は購入時)
入手:2012年10月 SENさん(-)
ムチプリな葉がムギュギュと密集。これが群生するとスジコになるわけですね(ならん)

備考:仔吹き旺盛
方針:過保護めてきとー
[ オブツーサ・丸 ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は入手時)
入手:2012年10月 SENさん(-)
オブツーサまる、と続けて読むと、漁船もしくは武士の幼名みたいで愛着がわきますね。
まんまるに育ててあげたいものです。

備考:-
方針:てきとー(^-^Ξ^-^)
[ 宝草水耕 ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は2012年6月)
水耕開始:2012年6月
親株からポロッと外れてしまった可哀想な子。根本が水に浸かるように置いといたら発根してよかったね。
→水道水の塩素に期待しつつどこまで行けるか実験中。
世の中にはリトープスを水耕している強者もいるので、ハオ水耕は難易度低いのかもしれませんね。

備考:-
方針:水換えは週一回程度
[ 仙人の舞(金の卵、オルギアリス)] ベンケイソウ科/カランコエ属
(写真は購入時)
入手:2012年6月 京成バラ園(-)
色と質感がいいですね!カステラの焼き色のような瓦せんべいのような堂島ロールのような(甘党) あと触ると意外とぐにぐにしててね。かじってみたいですね。

備考:寒さに弱い。気温は5℃まで
方針:てきとー。ほうち。
[ 正体不明2号 ] ベンケイソウ科/???属
(写真は購入時)
入手:2012年6月 F陶器店(100)
やや乱れた姿での購入。丈夫みたいではあるので、雨ざらし放置。
名前がわかりません。もうちょっと紅葉するとか花咲かせるとかさー

備考:-
方針:超てきとー。ほうち。
[ フロスティ ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は2012年10月)
入手:2012年9月 ホームセンターJ(199)
白く柔らかい産毛を霜に見立てたのでせう。しかしふわふわで暖かそうな印象を受けてしまうのであった。
育て方がよくわからないまま育てている。

備考:-
方針:てきとーに見守る。過保護。
[ 寿光っぽいやつ ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は購入時)
入手:2012年6月 F陶器店(100)
100円の名無しハオ。本に載ってた寿とか寿光に似てるような気がするけどわからん!
買って以来、窓がへこんでガビガビになっているのでどうにかプリプリにしたいと思う日々。

備考:-
方針:わっからーん!てきとーじゃー!
[ 霜の朝 ] ベンケイソウ科/パキベリア属
(写真は購入後間もなく)
入手:2012年10月 起龍倶楽部(480)
全身に不審な白い粉がファサーーー!な美しい種。
いかにこの粉を落とさずに大きくするかがキモなのでしょうが、もう不用意に触ってハゲてますあははは

備考:-
方針:てきとー
[ パールフォンニュルンベルグ ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入後間もなく)
入手:2012年10月 起龍倶楽部(480)
名前が長いことで有名なやつ。
鮮やかな紫色に染め上げたら勝ちと思って良いでしょう!

備考:-
方針:てきとー
[ 姫秋麗 ] ベンケイソウ科/グラプトペタルム属
(写真は2012年10月)
入手:2012年7月 ホームセンターJ(198)
ピンク色に紅葉するかわいいやつ。
よく見るとラメ入ってんですよ

備考:-
方針:てきとー放置
[ アイボリーパゴダ ] ベンケイソウ科/クラッスラ属
(写真は2012年10月)
入手:2012年7月 ホームセンターJ(198)
サンタフェデボゴタ!アイボリーパゴダ!!パゴゴ!!!
パゴダって仏塔のことらしいですよー象牙(色)の仏塔ってことですかねー。かっこいいジャン。

備考:仔吹き旺盛 暑さ、蒸れに弱い
方針:わからない!てきとーしかない!
[ 不夜城っぽいやつ ] アロエ科/アロエ属
(写真は購入時)
入手:2012年6月 F陶器店(100)
不夜城っぽいやつです。

備考:-
方針:放置!
[ ラウリンゼ ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入後間もなく)
入手:2012年10月 起龍倶楽部(480)
青みがかった肉厚の葉に、白い粉をファサーー!したものがこちらになります。
いかにこの粉を落とさずに大きく大きく育てるかで園芸家としての力量がアレするんだと思いますよ!
僕は触っちゃってムリですははは。

備考:-
方針:イヤッ触らないで!
[ トリメンシス ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入後間もなく)
入手:2012年10月 起龍倶楽部(480)
養老なの?ピーコッキーなの?ほんとにトリメンシスなの? え、養老=ピーコッキー=トリメンシスなの?え、違うの?
……とよく分からなくなったところで、本人は知ったことかと美しくヒラヒラしているのだった。

備考:-
方針:てきとうよー
[ 軍旗 ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入後間もなく)
入手:2012年10月 起龍倶楽部(480)
軍旗なの?ほんとは七福神なんでしょ?ちがうの? ……とよくわからないなりにかっこいいので、まあいいやで育ててます。
とか言ってる間に軍旗さんはお亡くなりになりました(T_T)

備考:-
方針:てきとうよー

(写真は頂き時)
入手:2013年8月 ゆっくらりさん(-)
本物や!ファンキなグンキや!
先代の七福軍旗はあぼーんとなってしまいましたが、こちらは頑張って育て増やしたいところ。
ガッチリ幅広で扁平な短い葉の集合がすごく格好良いと思うのですがどうですきゃ
[ デビー ] ベンケイソウ科/グラプトベリア属
(写真は購入後間もなく)
入手:2012年10月 起龍倶楽部(480)
紫がかったピンク色がぷりちー。
うっすらと粉をまとっているので、これを落とさずに育てることがミソの筈なのですが(ですが、って)
グラプトとつくからには強いんだろうかと期待。

備考:-
方針:てきとうよー
[ 呂千絵 ] ベンケイソウ科/クラッスラ属
(写真は購入後間もなく)
入手:2012年10月 神代サボタニ展即売(500)
あとになってみると500えんは割高かなあと思ったり思わなかったり。
かわいいからいっか……。
微毛の生えた白い肌と、植物らしくないフォルムが可愛い。

備考:暑さに弱い 葉水で葉焼けしやすい
方針:てきとうよー
[ 古紫 ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入後間もなく)
入手:2012年10月 起龍倶楽部(480)
でかい。こわい甲殻類みたいな(フェイスハガーとか)。
硬そうに見えますが葉っぱが扁平でペラペラしてるので、当たりは柔らかいです。
育て方によって、全体のシルエットも平べったくなったり葉が立ち上がって立体的になったりするみたい。後者を目指したい。

備考:-
方針:てきとー
[ 立田 ] ベンケイソウ科/パキベリア属
(写真は購入後間もなく)
入手:2012年10月 起龍倶楽部(480)
某ブログで見た立田があまりにも美しいので同じ店に注文して買ってしまったのです。まんぞく。へへ。
なんでこれが花じゃなくて葉なのかと思うくらい美しいです。

備考:-
方針:てきとー
[ ファンファーレ ] ベンケイソウ科/グラプトベリア属
(写真は購入後間もなく)
入手:2012年10月 起龍倶楽部(480)
グラプトっぽくないグラプト。名前もその姿もたいへん派手でよろしいと思います。
菊のコンテストとかにこういうのよくあるよねーみたいな(ねーよ)

備考:-
方針:てきとー
[ 美人丼 ] ベンケイソウ科/パキフィツム属
(写真は2012年7月)
入手:2012年6〜7月 (100〜150)
月美人、星美人、三日月美人の盛り合わせ。運搬中の事故と葉焼けでひどい状態からのスタートです。
どう立てなおしていけるか楽しみ〜☆などとプラス思考っぽく供述しており…

備考:-
方針:てきとー
[ 白牡丹 ] ベンケイソウ科/グラプトベリア属
(写真は購入時)
入手:2012年11月 起龍倶楽部(480)
白いバラのような姿ですが、可憐というよりはがっちりとイカツい所がグラプトっぽい……のだろうか
丈夫でよく増えるらしいので地植えにしてみたいなあ

備考:-
方針:スパルタという名の放置
[ 夕映え ] ベンケイソウ科/アエオニウム属
(写真は購入時)
入手:2012年12月 ホームセンターJ(198)
サンバーストに似て非なる感じで。
育て方もおんなじ感じでいいのかなーと適当にいきます。

備考:寒さ弱い
方針:てきとう。
[ サボテン ] 名前クリックで種類ごとの記事を抽出かも…
サボテンは成長遅そうだし、当面はどハマりする予定もないのでひとまとめにしようそうしよう!記載は入手順。
・短毛丸?全然わからん 不明90年代くらい〜 たぶん伊豆シャボテンとかの土産
四角ランポー詳細不明 2012年5月〜 ホームセンターJ(299)
・獅子王丸?詳細不明 2012年5月〜 ホームセンターJ(299)
玉翁?詳細不明 2012年10月〜 ばーちゃんちの軒下から貰ってきた
・小さい白マミ詳細不明 2012年12月〜 世田谷ボロ市(100)
金烏帽子 2012年12月〜 蘇我のホームセンター名前は忘れた(149)
・紫ラウシー 2013年5月〜 あしかがフラワーパーク(500)
・紫太陽 2013年5月〜 あしかがフラワーパーク(500)
・白星 2013年5月〜 あしかがフラワーパーク(500)
・カルメナエ 2013年5月〜 あしかがフラワーパーク(2000)

[ バイネシー ] ベンケイソウ科/グラプトペタルム属
(写真は購入時)
入手:2012年12月 ホームセンターJ(250)
多肉植物オフシーズンの園芸コーナーでひっそりと並んでいた人です。一目惚れ。
肉厚で緑でほんのりピンクで紫で光沢があってほんのりラメっておる。こういう色のバッグとか靴とか好きでさ。

備考:-
方針:てきとう。
[ ピグマエア ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は購入時)
入手:2012年12月 世田谷ボロ市(1000/3)
ザラッと猫舌チックなかわいいやつ。
これもドーム状の群生にしたいなあと思っていますがどうなることやら。

備考:-
方針:てきとう。
[ 愛染錦 ] ベンケイソウ科/アエオニウム属
(写真は購入時)
入手:2012年12月 ホームセンターK(150)
大晦日の買い出しに行ったホムセンなのに、ついつい園芸コーナへ行ってしまい以下略。
成長点が抹茶ホワイトチョコのような色合いで大変結構ですね。

備考:暑さ寒さ葉焼け注意
方針:てきとう。
[ 紫オブツーサ ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は購入時)
入手:2012年12月 世田谷ボロ市(1000/3)
紫オブという名前だが、ちょっと遮光するとすぐ緑色なのだ。どうなんだろうなー。
一応鶴仙園さんのブースで買ったので大間違いではないとは思うんだが。

備考:-
方針:様子見つつ甘々で。
[ 万象 ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は購入時)
入手:2012年12月 世田谷ボロ市(1000/3)
万象ひとつも持ってないから買お〜かな、安いし、とお気軽に買ってきた。
仰々しい名前もなく窓の模様もシンプルだけどかわいがる。群生させたいな。

備考:-
方針:大きくしたい&群生させたいので甘々で
[ レツーサ×コンプト R18 ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は購入時)
入手:2012年12月 世田谷ボロ市(1000/3)
ハオの種類とかよくわかってないけど、見た目が綺麗かったので連れてきた。
このツルテカ窓を維持出来れば合格点だよね?(弱気)
備考:-
方針:手探りしつつ遮光強め
[ チランジア ] アナナス科/チランジア属
チラは成長遅そうだし、どハマりする予定もない……たぶん。なのでひとまとめ〜覚え書きのみ。
・ストリクタ 2013年1月〜 ホームセンターJ(398)
・イオナンタ 2013年2月〜 ダイソー(105)
・コルビー  2013年2月〜 ダイソー(105)
・ジュンセア 2013年2月〜 ダイソー(105)
・キセロ様  2013年2月〜 サカタ(2000)
・カプト   2013年2月〜 サカタ(315)
・ブッツィー 2013年2月〜 サカタ(315)
[ スパルマントイデス ] ツルナ科/デロスペルマ属
(写真は購入時)
入手:2013年2月 いとうぐりーん(300*2)
マイクロファイバーモップかそれともイソギンチャクか。そんな極小メセン。
夏に弱いと評判なのでそれなりに覚悟しつつ、まあ枯れても懲りずにまた買うだろうと思う。かわいいもん。

備考:夏に弱い
方針:適度な遮光・涼しく・乾湿メリハリ
[ 実生 ]失敗を恐れずライトに蒔きたいと思います。実生はロマン!
[ アメトルム ] ベンケイソウ科/グラプトベリア属
(写真は購入時)
入手:2013年2月 いとうぐりーん(300)
アメジスチヌムと大和錦のガチムチ交配種。
スパルマントイデスの「ついで」に何の気なしに購入。でも今となってはかわいいのです、愛着ってあるよね。

備考:葉挿しは若い葉を
方針:雨ざらし放置
[ トップシータービー、トップスプレンダー ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入時)
入手:2012年10月 起龍倶楽部(480)
ルンヨニーの変異園芸種らしいがホントか?葉の厚みまで違うぞ……。反り返った葉が華やかで美しい。
大きく育てたいのだが…(だが?)

備考:カイガラムシ注意
方針:-
[ 高砂の翁綴化 ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入時)
入手:2012年12月 ホームセンターC(150)
綴化株もジミジミ育てると見応えのある株になるようなので、巨大に育てたい所存。

備考:-
方針:-
[ クロスケ、黒助 ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入時)
入手:2013年2月 アリスガーデン(250*2)
小型の黒エケ。「ブラックナイトに矮化剤掛けたインチキと本物があるらしい」とのこと。矮化剤すげえ。
葉挿ししたらブラックナイトに戻るとか戻らないとか、戻るのならお得感?…でもないか。

備考:-
方針:-
[ アルフレッドグラフ ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入時)
入手:2013年2月 アリスガーデン(500)
黒エケ。へにょへにょと不定形な葉が格好良いんだか悪いんだか?
大株に育てたらあるいは……と思い夢見る。

備考:-
方針:-
[ 花うらら ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入時)
入手:2013年3月 ホームセンターJ(199)
エメラルドグリーン、フチが紅色に染まる。コロンと肉厚の葉。
そんなに大きくならずに群生する感じなのかな?

備考:-
方針:てきとー
[ 雫絵巻A ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は購入時)
入手:2013年4月 ヤフオク(1000)
吉田園芸部さんの雫絵巻が格好良すぎるので俺も俺も!という一文に尽きる。
各所でオブベヌと言われてるのでそうなんだろうなぁという程度の情報で満足する。ハオは顔。

備考:-
方針:てきとー
[ レズリー ] ベンケイソウ科/???属
(写真は購入時)
入手:2013年4月 ホームセンターJ(158)
ちょっと調べただけではよくわからない種。属も諸説ありすぎるので不明としておく。見た感じではパキベリアっぽいけど。
全体的にやや肉厚で細長い葉、エッジは甘い。ツヤありうっすら粉。青みの緑〜オレンジ〜ピンクに染まりやすい。

備考:-
方針:てきとー
[ 青梗菜ウンブラ ] ユリ科/ハオルチア属 H.cymbiformis var.obtusa(umbraticola) MBB sn. N.Fort Beaufort
(写真は購入時)
入手:2013年3月 bisuiさん(-)
うちに来た時のフォルムゆえに青梗菜の称号を与えられた。ホントはきれいなのに。産地データまであるのに。
彩度高めの黄緑色が美しい。プチプチ群生したらさぞかし可愛らしかろう。

備考:-
方針:日照ガンガンDAYS
[ ガラスコンプト ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は購入時)
入手:2013年4月 やふおく(2700)
一般的にガラスコンプトって言われてるやつだと思う。CP-ナントカやレンズらへんの透明なやつらも欲しい。
伸びやすく凹みやすい、綺麗に作りにくいことで有名。むりぽ。つーか、欲しすぎて突っ込みすぎた感。

備考:-
方針:どちらかというと凹まし気味で?
[ 阿寒湖 ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は購入時)
入手:2013年4月 やふおく(1000)
有名交配種買ったっていいじゃない!まそもっこそ!
シリンジしたわけでもないのにヌラヌラ光る気持ち悪…じゃない、綺麗なやつ。
窓の表面ブリブリなのも良い。と思ったけどニシさんのカタログ見ると平滑だったりしてちと気になる。

備考:-
方針:てきとー
[ 唐印/デザートローズ ] ベンケイソウ科/カランコエ属
(写真は購入時)
入手:2012年12月 ホームセンターJ(150)
丸く大きな葉が赤く紅葉する。粉がすごくて根元の土が白くなるほど。カランコエは形のバリエーション激しすぎ。
唇ではむっと挟むと口の中でホロホロと砕けて優しい甘さのラングドシャ的な妄想が頭からはなれない。

備考:-
方針:てきとー
[ 無比玉 ] ハマミズナ科/ギバエウム属 Gibbaeum dispar
(写真は購入時)
入手:2012年12月 世田谷ボロ市(300)
300円コーナーでたまたま購入。
リトープスみたいな感じ脱皮分頭するベルベット肌のメセン。夏も冬もハイパー放置でなんか生きてるから相当丈夫と思われる。

備考:-
方針:てきとー
[ ルンヨニー ] ベンケイソウ科/エケベリア属
(写真は購入時)
入手:2012年4月 けろよんさん(-)
しゃもじ型の葉。丸くふっくらとしたロゼットになる。
枝変わりがトップシータービー、葉の薄いやつだか小型種だかがマカベアーナだそうな。正直わからねえ。

備考:-
方針:てきとー
[ 名もなき玉扇 ] ユリ科/ハオルチア属
(写真は購入時)
入手:2012年12月 世田谷ボロ市 鶴仙園ブース(1000/3)
ぎょくせんじゃなくてたまおうぎのがオーソドックスらしい。玉扇と言っても超お手ごろ価格。あまり期待しない方向で。
とはいえ自分の中ではそれなりに可愛いので、じっくり育てて鉢いっぱいの群生にするなどしたい。

備考:-
方針:てきとー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 多肉植物へ web拍手 by FC2     カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | TB(-) |

t140906_1.jpg 去年の冬から今年の秋にかけて、チョコチョコと種子を買ってしまい、けっこうな数になりました。それを一気に蒔きました。

・リトープスがたくさんと、コノフィツムとオフタルモが数種
・その他メセンいくつか
・エケベリア、クラスラ、グラプトを数種ずつ
・春に自分で授粉したエケ。花がらごと常温で置いていたのでカビてました。
・あとチレコと、アナカン、キスタンテ、などです。

個人的な目玉はアナカンです。なかなか取り扱いがなくて、ツイッターでつながった方に種子をさがして譲っていただいたので、ぜひ発芽してほしい!


買ってあったセルトレーだけでは足りないので、一部は菊鉢や、果物が入っていたパックに蒔きました。
どれとどれをどこに蒔くか、土の仕切りをどうしようとか、この店の種子には札がないから書かないと、とか考えていたら、混乱してきて、タネの小袋を机に広げて眺めてるだけで、ぐったりしてしまい、1日目が終わりました。頭が働かないときの自分はとことん無能です。

次の日は容器に土を詰めて水を張っただけ。

t140906_2.jpg 翌日と翌々日にだらだらと播種。息を止めて蒔きましたが、隣のセルとかに飛んでると思います。あと絶対みんな厚蒔きになっている……。

メセンのタネは極小とよく言われますが、大きい方だと思います。エケベリアのタネは本当にカスみたいです。ちゃんと蒔けたのかどうかもよくわかりません。カスみたいな種子を蒔くときは筆を使うとやりやすいとわかりました。


【レシピとメモ】
いつものホムセンの種まき培養土です。ラクで最高。大きな鉢は下半分に軽石中粒。
消毒はしませんでした。どんどん手抜きします。
カビが出たらジマンダイセンをかけるつもり。

容器も、清潔ならなんでも良いと思ってきました。発芽率は種子の品質によるところが大きいし、きつくなったら移植するので。
ペットボトルを切って熱湯で消毒とかしなくても平気です。
ハオの実生に関しては、ド下手なので、何も言えねぇ。

しばらくは遮光下で腰水管理です。
スポンサーサイト

t140828_1.jpg t140828_2.jpg 写真の日付見たらもう先々週くらいの話!

暦の上では秋だけどまだまだ夏だわーとか思ってたのですが、しかし太陽の角度はカクジツに変化し、横からの日差しが増えていたんですねー

ネットの下から陽が入るようになっていたことに気づきませんでした。

被害はこのひと鉢だけだったのが幸いですが、一粒になってしまいため息ものです。僕もまだまだですな……

t140810_1.jpg t140810_2.jpg わっさー。
密集して蒔きすぎたのと発芽率が良すぎたのとで、混みすぎました。真ん中らへんに顔出せてないのがいたのでいじりました。

といっても根鉢を半分にバコッと割って植えつけただけです。もう一鉢も少しゆるめただけです。

リトコノを含むメセンは出揃ったら一本ずつ移植というやり方があるようですが、繊細な根や株を傷つけるよりも、土ごと動かしたほうが気が楽ですし、不都合もありません。今のところ。

t140726_1.jpg t140726_2.jpg t140726_3.jpg まるも・えりさえ・ぱり。
二重脱皮も気にしてませんが、ちょっと小さくなりすぎだろう……。

t140726_4.jpg t140726_5.jpg t140726_6.jpg しくん・きしくん・にちりん
大きいし、脱皮も薄皮になるまで粘るし、カッチリしてるしで何かと安心感があります。

t140726_7.jpg t140726_8.jpg t140726_9.jpg べにおーうち・おーつえ・みっくす
紅大内が常に脱皮してる感じでカオス。さすがに密集してる所で何粒か溶けてます。

っとまあ結構顔が出てきた感じですが!夏です。越せるのかとても不安です。
秋まで残ってたら植え替えしてみたいですけど。

t1400321_1.jpg t1400321_2.jpg t1400321_3.jpg ブルゲリ、南蛮玉、綾耀玉です。 外見が、だいぶらしくなってきました。

綾耀玉が9頭いい感じで育ってたのですが、先月溶かしてしまい3頭まで減ってしまいました。
場所移動した直後だったので、焼けたかなと思ってますが……
ブルゲリも地味地味と減ってます。これから夏本番ですが、どうなるやら。

t140722_2.jpg t140722_2.jpg かー。梅雨があけつつありますねえ。

アボニア・パピラケアは先月1本逝きました。
大きさあまり変わってません。が基部が太くなったような気がしなくもな……まあ正直小さくてよく見えんのです。

エケベリアはたぶんギガンテアで間違いないと思うんですけどでかいのが。
でかいです。んで間延びしてるふうなので、日向に出したら他のが焼けるという。
めんどいけど鉢を分けるしかないなーと決意して只今乾かし中。

t140714_1.jpg t140714_2.jpg 咲きましたー!白花!
花弁の先だけうっすらピンク。花弁全体も、限りなく白に近いピンクな感じです。かわいい。

蒔いてから一年ちょいで花咲かせるのはメセンとしては結構早い気がします、がどうなんでしょうね(曖昧)
今年も蒔いてます。

そんなわけで「実生」カテゴリで扱うのはこれでおしまいにします。
ぴゃー

t140624_1.jpg t140624_2.jpg 昨年の3月に蒔いたフリチアの菊光玉です。
気温が上がってきたのと合わせて、雨をごくごく飲んで、ここ最近でぐっと大きくなりました。

そして。わかりづらいかもしれませんが、花芽らしきものが見えております。
ワクワクすぎる。

t140615_1.jpg t140615_2.jpg 土に根を下ろし、風とともに生きよう。苗の値段に絶望し、種をまいて春を歌おう。
ぴすたの土地に伝わる歌です。

秋にてきとーに買った種子を常温で保管後、5月初旬にてきとーに蒔きました。
てきとーーーすぎて隣のセルにポロッと混ざったりしてます。だめだわ。

アナカンの種子がいやにフサフサしており、これはカビでは……?と思いつつも蒔いたら出ました。
春蒔きでよかったんだろーか……

t140614_1.jpg t140614_2.jpg 今年の2月のアタマ頃……
植物的にひますぎて退屈しのぎに播種してしまいました。加温もせず。

当然のごとく、発芽よりさきにカビとコケがるんるんしてきまして、あぁこれはもう二度とやらん、と誓いました(笑)。

結局、メセンは3月頃、サボは4月後半からやっと発芽してきました。
カビでやられた種子も、ちゃんと適温の頃に撒けば本来発芽していたかもしれません。
反省です……
t140614_3.jpg t140614_4.jpg 蒔いたものは
【フリチア二種】これは去年も蒔きましたが晃玉が煮えてしまったので再チャレンジ。

【リトープス三種】去年の秋に撒いたものから少しずつハシケておいた種子を蒔きました。春蒔きはダメなのか?の実験的なかんじです。

【サボテン4種】松露玉や桜月など気になっていたものと、買い物のおまけ種子の電磁波サボテンw

あぁ〜種子がもったいないことをしました。気を取り直して開花まで育てたい!

t140513_1.jpg t140513_2.jpg プラカップが割れてきたので引っ越し。
小さいのがごちゃーと密集していて、バラすのが怖かったのでそのまま鉢増ししました。

ぼちぼち特徴が出てきて、この葉形はサブリちゃんっぽいか?こっちはジュリアかな?などワクワクしながら見守っています。

ミックス種子は実生の練習のつもりで、期待していませんでしたが、予想外に楽しいです。

t140411_1.jpg t140411_2.jpg やたら元気です。セダムが。

冬の間はベランダのアクリルの謎の箱の中でした。懸念に反してなんなく冬越ししました。

大半の時を紫色になってちぢこまって過ごしていましたが、水を与えると即座にふくらんでくるので、本当に水好きなんだなあと思った次第です。

ぼちぼち暖かくなってきたので、成長を見せてくれるとうれしいなあ。

t1400405_1.jpg t1400405_2.jpg こっちが本命っちゃ本命というか、稔ったら面白いなと思っているやつです。

色々ごっちゃり生えててわかりづらいですが、花芽を切って挿しといたら根付いて咲いたちゃんです。

お相手のプルビカルンわけわからん名前ですがエケべ×エケべらしいのでセーフ。多分。

咲いた先から面相筆で交互にコショコショしただけなのでダメかもしれんですが。
収穫して薬包紙に包み冷蔵庫です。薬包紙ありがとうございます。

t1400404_1.jpg t1400404_2.jpg ご夫婦で記念写真の図。
エリザベスが咲いたので交配してみたです。まあ今回は交配〜採種〜実生の練習ということで、同時期に咲いていたものと適当にやりました。

やり方はこちら「エケベリア等の交配や実生方法」でめっちゃ丁寧に説明されていますのでどうぞ。

↑僕はこれを読む頃には自己流で筆でぐりぐりやり終わってしまったので来年に活かそう……
と熟読していたら、うちのエリザベスにそっくりな花が「グラプトベリアの花」として紹介されており。ドドドドドド……

t1400404_3.jpg t1400404_4.jpg そうですエリザベスはグラプトベリアらしかったのです。しらんかった。

んで「属間交雑種は不稔になる(ラバしかりライガーしかり)」とのことなんですね。
まじかー。でも「植物は動物よりはずっと雑種不稔が起こり難く」ともあるのでまあ一縷の望み的な。

咲き終わった花を見てみても結実してるんだかどうなんだかわかりません、生っぽいけどもう収穫しちゃいました。
まあいいやで、今解体して不稔だと下がりまくりなので、乾燥を兼ねて秋まで冷蔵します。

t1400323_5marmo.jpg t1400323_6elisae.jpg t1400323_3.jpg まるも・えりさえ・ぱり。
脱皮したら特徴出てきましたね。とはいえまだまだ小さすぎてという感じです。

t1400323_7sikun.jpg t1400323_8.jpg t1400323_2.jpg しくん・きしくん・にちりん
和名の読み方ば超適当なのでちがうかも。 黃紫勲はせんぞがえり的な茶色い奴がいくつか出ました。間引くべきか考え中。

t1400323_1.jpg t1400323_9otze.jpg t1400323_4.jpg べにおーうち・おーつえ・みっくす
紅大内は発芽した時から三つ葉のものがけっこう出ましたが、脱皮したら二つ葉にもどりました。 一方で二つ葉だったものが脱皮したら三つ葉・四つ葉になるなど。多いです。近親交配てきなアレがナニしてるんでしょうか知りませんが多い。

とまあこんな感じで超適当管理でそこそこ順調です。
ここまでの感じだとメセンの実生は非常に容易です!と言いたくなりますが、この先梅雨と夏とが控えており、そして初めての移植が鬼門です。

t1400321_1.jpg t1400321_2.jpg t1400321_3.jpg ブルゲリ、南蛮玉、綾耀玉です。
ブルゲリは大きいものは5,6ミリになりましたが、一方で2ミリに満たないものも埋もれてたりします。かなり成長に差が出ています。
ディンテランサスは脱皮したら肌の質が変わりました。まだ親株の雰囲気とは違う感じですが。

t1400319_1.jpg t1400319_2.jpg エケベリアはミックスなのでボチボチ葉幅に差が出てきましたかね。 ハッキリと特徴が出るのはもっと先でしょうか。
あまり期待してませんが珍しい物が入ってれば楽しいなあ。

アボニアは3ヶ月前からぜんぜん育ってない感……
まあ生きてるだけ良いですが……
根張りも浅くて、潅水の時に表土ごと浮き上がってしまう感じですわ。

t140209_1.jpg t140209_2.jpg すごく……花芽です///

はいエケベリアの花芽です。
フハハ本体は別の鉢だ。

苗購入時に「脇芽みたいだけどゆくゆく花芽になるよねこれ」なやつが5センチ位出てたので、カットしたものです。

なにも考えずに挿しておいたら、伸びに伸び、蕾を形成しました。
これ交配したら結実するのかな?
もしそうなら株に負担をかけずに採種するナイスな方法なのでは。などと。

タイトルはジブリをパクってみました!(※知名度
t131220_1.jpg t131220_2.jpg t131220_3.jpg
t131220_4.jpg
いつもは写真2枚と150文字もでっち上げれば記事が来ちゃう楽々フォーマットなので、写真3枚以上あると途端にめんどくさい……
コノブルゲリ、ディンテ南蛮玉、ディンテ綾耀玉です。
で紅大内玉。
ご覧の通り苔まみれなので、表土を乾燥気味にもっていき、 鉢底の方は湿った状態をキープしてみようと思ってます。

この四種はプラカップにも撒きましたが、苔まみれの大鉢の方が明らかに育ちがよいです。
発芽率は数えてないので不明ですが、それも良いような気がします。
容器が大きいほうが、水分の変動が少ないので、それが良かったのでしょうか。
苔もはえるけど、正直あまり気にしてません。笑

t131220_5.jpg t131220_6.jpg t131220_7.jpg
t131220_8.jpg t131220_9.jpg t131220_10.jpg
プラカップのリトはこんな感じ。早く乾燥するので苔少なめ。
まあまあまあまあまあ、良いんじゃないの。普通に。という感じです。引き続き放置。

t131219_1.jpg t131219_2.jpg エケベは20粒撒いて10本ほど?、アボニアは10粒撒いて5粒発芽。
個人的には満足な打率。

エケベリアはもう少しすると特徴出てきそうな感じがします。
アボニアは紙っぽいやつがすでに出てきて楽しいです。

も少し明るい場所へ、とベランダの変な場所に移動してみました。存在忘れないようにしないと。

t131212_1.jpg t131212_2.jpg 突然の直射日光で大半を煮てしまった、フリチアの生き残りです。

長引く残暑が幸いしてか、地味に葉数を増やしました。
ベランダの、日当たりの良い&風の当たらない特等席で越冬に臨みたいと思います。

寒さにはどの程度耐えるのかな……

t131031_1.jpg t131031_2.jpg 画像クリックするとちょっとでかくなります。

8月の初めにサボテンの種を蒔いたのでした。
フェロカクタスって格好良いなーでも高いなー蒔くかーといういつもの流れです。

6種撒いたのですが3種しか出てません。まあいいや。

蒔いたは良いですが、なんか急に興味を失って放置してたりします。
気づくと土が乾いてて焦りますが、まあ生きてるし……という。ごめんね。

t131019_1.jpg t131019_2.jpg 読書の秋、食欲の秋そして実生の秋です。
僕も冬型っぽいメセンを蒔いてみました。

めんどいので全部書きませんが、紅大内玉を含むリトープスいろいろ、ディンテランサス、コノフィツムブルゲリなどなど。

開花球に比べて種子は破格のお値段と言って良いでしょう。ばんばん買ってざばざば蒔きましょう。
購入先はヤフオクの複数出品者とネットショップなどバラバラです。蒔いた時期もちょいズレてます。
来年は自分で輸入してみようかな〜
播種は9月中旬〜下旬。
前回よりも適当になり、某カインズホームの「ポット・種まきの土」おんりーです。
よく見ずに買いましたがピート主体のふわふわした土です。雑草?の種子が混入してるのでなんか生えてきますw あんま気にしませんが。
消毒は最初の吸水の水をお薬にしたのみ。
容器はデカ鉢とプラカップに分けてみました。同じものを半数ずつ蒔いて、管理のしやすさを比べてみようかなと思ったのですが、種子を数えるのがめんどくさすぎて折れました。
個人輸入した種子をオクでさばいてる方はすごいです……。

t131019_3.jpg t131019_4.jpg 一口にリトープスといっても、カタチも大きさも種子の大きさも違いますね。

どんな風に育つかは不明です。なんせ調べずに買ってる(え)
調べるのめんどっちいので……。何が出ても持ってない種類であることに間違いはないので……。

リトは発芽早いですね。2〜7日でほぼ出揃いました。

t131019_5.jpg t131019_6.jpg ディンテランサスの発芽遅い……発芽しないかも……と思ってリトープスを追加でぶっこんだりしました。
発芽はしたものの成長すんごい遅いです、あと調べたら難物とか出てきたので早々に希望を捨ててロマンだけを楽しもうと思います。

ブルゲリも発芽……発芽だけなら俺でもできる……マクダケダカラナ……
難しそうな雰囲気が充満してますがなんといってもロマンです。いやブルゲリはマロンか。

t131019_7.jpg t131019_8.jpg ベンケイソウの実生の練習もしてみたいと急に思い立ち、エケベリアミックスなどを購入してしまいました。
現在カイワレですがどうなることやら。

そしてなぜかアボニアも。。。
はいはいロマンロマン。


つづく……かも

t130927_1.jpg t130927_2.jpg 油断一瞬、キズ一生。
ってか一生終わったけどな……
あはは……あはは……

ほいなわけで生き残ったのは菊光玉の一部のみとなり、ちっこい鉢に移植しました。
冬越しの心配してるどころじゃなかったわ。

いやーけっこうイイ線いってたと思ったのに悔しいです。
これを教訓に、めげずにまた実生したいです。
はぁ〜……

t130918_1.jpg クリックするとそれなりに拡大します。
左から菊光玉、アロエ、光玉。実生約190日。

あの水没事故の後、反省して(?)腰水管理をやめました。
基本雨ざらしで、乾燥したら底面から吸水させるかんじで放置してました。

といっても鉢が大きいので、完全に乾燥するまでにかなり時間がかかるわけで、
干からびることもなく、良い調子で夏を越せました。

夏にこれだけ調子が良いと、冬がやばいのではと懸念しています。
加温はイヤだ、加温はイヤだ……!
寒くなるまで、もう少し成長させておきたいなあと思っております。

t130918_2.jpg t130918_3.jpg 二種のアップ。
太く短い方が光玉。フリチアらしくなってきました。
爬虫類めいた肌が蠱惑的です。

緑色してるほうが菊光玉。
水没のショックか、土が混ぜられたのが良かったのか、やけににょきにょきしてます。

光玉も菊もガンバルが良い。オマケのアロエも、環境合わないかもしれないけどがんばって……

t130731_1.jpg 画像クリックするとそれなりに拡大します。

7月初旬の写真です。
光玉、菊光玉ともに、本葉?が出てきました。

ヒョロヒョロと伸びるわりに根が潜ってくれない、倒れる……という、
先人と同じ轍をふみふみ。

しかし意地でも植え替えたくない俺様です。
バーミを撒いて足元を支える作戦をとってみました。
諦めて根が潜ってくれたら俺の勝ち。

ちなみにアロエ(真ん中の列)は3本発芽しましたがこの写真の後1本腐りました。

t130731_2.jpg t130731_3.jpg 光玉と菊光玉。
見た目の差があまりなくなってきました。
6月からベランダの遮光下に置いてます。

発芽しても、理由がよくわからない感じで1本、2本と、パタパタと脱落していたのですが、ベランダに出してからは止まったかも。

腰水は乾かない程度にてきとーに継ぎ足し。
調子は悪くないよねと。

t130731_4.jpg t130731_5.jpg で、コレだ。
ああ水没。レ・水ゼラブル。
ラピュタの水中都市みたいだねー!そんなわけないよねーあはははは

いやー怖いですねゲリラ豪雨!つって。
雨降ったのが15時〜16時で、気づいたの次の日の朝!ばかー/(^o^)\

引き上げたら菊光玉のとこが陥没しました。
救えるものは移植して埋めてとやってみましたが、けっこう傷んだっぽい。ああああ。

t130420_1.jpg t130420_4.jpg (クリックするとそれなりに拡大します)

覇種から約45日たちました。
数えてませんがだいたい出揃ったんではないでしょ〜か。
日に焼けて土と同じような色になっちゃって……数える気がしません。


強風の日にアロエの種子が飛んでいったりしましたが、私は元気です。
てか一粒だけ発芽しましたよー。
別の鉢に移そうかな〜〜〜と思いつつ放置。

t130420_2.jpg t130420_3.jpg 光玉の一番育ってる感じのやつは、双葉が割れて次の葉っぱ?が出てきそうです。
リトープスの脱皮に似てますね。

菊光玉の方は一周遅れな感じで。

そろそろ遮光した方がいいのかな〜?とか、いつまで腰水管理でいいのかな〜〜〜?とか、
何ひとつわからないです(^q^)

フリチア欲しいけど高いよー!というか売ってる店少ないよ(ネットの海を彷徨う)
→ オクで売ってるじゃん!と思ったら種子だった……
→ いっそ実生やってみればいいよね(ポチッ!)

t130320_1.jpg t130320_2.jpg ……というわけで「気が向いちゃった」としか言いようのない流れでフリチア2種とおまけの種子を入手しますた。
※ 読み方マジレスいらないよ

・メセン実生試行錯誤記
・球型メセンの実生
・さぼてんだもの

↑こちらのサイトをがっつり読んだ上で、がっつり手抜きしていこうと思います。
おじさんめんどくさいこときらいだ



t130320_3.jpg [覚え書き]
各40粒(470)
3月5日火曜日 播種
午後ぽっかり時間があいたのでやってみた

トレーはゴミ箱として使ってたものを洗ってアルコールで拭いた。
ネコの誤飲防止。

・土の熱湯消毒とか電子レンジとかやらない。
・ベンレート使用。スプレーめんどいので腰水にベンレートぶっこみ。
・次回はベンレート使わないかも。

・遮光は初日だけ。温度が上がったほうがいいかもと思ったので外した。
・夜間は室内にとりこむ

t130320_4.jpg t130320_5.jpg 6日めぐらいから光玉が次々と発芽。
菊光玉はやや遅れて10日めぐらいからチラホラ。芽も光玉より小さい気がする。

おまけは撒き方これでいいのかな(^q^)
まあ発芽しないでもいいやーとか酷いことを思ってたり…。

僕が思うに発芽までは簡単で、この後いろいろあって溶けましたカビました全滅しましたという感じなのでは!(自分への予防線)

つづく
かてごてすと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。