月別アーカイブ  [ 2013年12月 ] 
≪ 前月 |  2013年12月  | 翌月 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 多肉植物へ web拍手 by FC2     カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | TB(-) |

t131227_1.jpg t131227_2.jpg フェネストラリア略してフェネギー。
くすすっ、けららっ

白花はめでたく咲きましたが、黄花の方は、今年は花は望めなそうです。

梅雨〜夏に調子をくずしていたのに加え、棚崩壊でぶっこぬけてバラバラになったりしたので。

でも、じみっと新葉を増やしております。来年に期待しましょう。
スポンサーサイト

t131226_1.jpg t131226_2.jpg 僕はあんま元気じゃないです。
脇芽かなあ花芽かなあと思ってましたが、こういう変な出方するやつはやっぱ花芽なんですね。

花芽つけてるエケベリアがいくつかあります。
タイミングが合ったら交配にチャレンジしてみようかなと思ったり思わなかったり。

t131225_1.jpg t131225_2.jpg モゴ……
あ、メリークリスました(過去形)

コツを掴んだらモコモコしてきました。
多肉最初の頃は明らかに水が足りなかったです。

なんでもそうですけど座学と実践、観察と対応、実験と考察これにつきますね。つきませんね。
年末めんどいことの連続ですが乗り切りましょう。

タイトルはジブリをパクってみました!(※知名度
t131220_1.jpg t131220_2.jpg t131220_3.jpg
t131220_4.jpg
いつもは写真2枚と150文字もでっち上げれば記事が来ちゃう楽々フォーマットなので、写真3枚以上あると途端にめんどくさい……
コノブルゲリ、ディンテ南蛮玉、ディンテ綾耀玉です。
で紅大内玉。
ご覧の通り苔まみれなので、表土を乾燥気味にもっていき、 鉢底の方は湿った状態をキープしてみようと思ってます。

この四種はプラカップにも撒きましたが、苔まみれの大鉢の方が明らかに育ちがよいです。
発芽率は数えてないので不明ですが、それも良いような気がします。
容器が大きいほうが、水分の変動が少ないので、それが良かったのでしょうか。
苔もはえるけど、正直あまり気にしてません。笑

t131220_5.jpg t131220_6.jpg t131220_7.jpg
t131220_8.jpg t131220_9.jpg t131220_10.jpg
プラカップのリトはこんな感じ。早く乾燥するので苔少なめ。
まあまあまあまあまあ、良いんじゃないの。普通に。という感じです。引き続き放置。

t131219_1.jpg t131219_2.jpg エケベは20粒撒いて10本ほど?、アボニアは10粒撒いて5粒発芽。
個人的には満足な打率。

エケベリアはもう少しすると特徴出てきそうな感じがします。
アボニアは紙っぽいやつがすでに出てきて楽しいです。

も少し明るい場所へ、とベランダの変な場所に移動してみました。存在忘れないようにしないと。

t131218_1.jpg t131218_2.jpg 春のBBで連れてきたグリーニーです。
なんか分頭した模様。

少し調べると冬型らしい。
一口に夏型冬型と言ってもいろいろありすぎるので。結局、個々にやっていくしかないです。

これは暑さにもよく耐えるらしく、我が家でも難なく夏越ししました。
冬も気を抜かずに放置。

t131217_1.jpg t131217_2.jpg 夏と比べて葉数が減りましたが、バッキバキなわけではありません。

雨ざらしで割れた葉が軒並み腐り?ポロポロと落ちたので、こざっぱりとしすぎました。

寂しくなった茎からプチプチしたものが出てきたので、いい感じになるとよいな。

t131216_1.jpg t131216_2.jpg 今日も元気にバッキバキ♪
ってアホかぁ〜
せっかくロゼット整ってきたと思ったのにこのざま。

とれた葉全部から発芽しやがれとばかりに大きな鉢にイン。
ついでに別鉢の葉挿しっ子も合流。

成長遅い奴がバラけるとへこむっす。

t131215_1.jpg t131215_2.jpg 夏に遮光しすぎて間延び〜そのわりに外葉は焼け〜
秋が来て美しくなってきました。

二枚目の写真の根元の部分が……うーん分かりづらいですが……子株がプチプチ出てきてるんですよ。
そして落ちた葉からも芽が。

モラニー難しい的な話をたまに見かけるけどどうなんだろう。

t131214_1.jpg t131214_2.jpg あーこりゃバッキバキだわ。痛いわ。
と思うけどでも、
余裕で立て直せるわ。とも思う。

棚倒れたときは、ショックすぎて2秒に1回ため息ついてましたが。
拾って植えなおして掃除してみたら、みんな立て直しできそうです。

一種、行方不明になったままのはなぁ。まあ一種で済んで御の字と思わないと。
はぁ〜……

t131213_1.jpg t131213_2.jpg 例によってほぼ葉っぱがとれただけです。
これは運というかただの結果ですが、小型のエケとかの方が無惨です。


全然関係ないけど
軽石主体のサボタニ配合土って何気に優秀というかトラブル無くよく育つなあと。 コスパ悪いのでやめましたが。

排水性保水性と養分て比例しないわ(今更?)
あ、でも保肥性って言葉もあるなぁ。
わかめわかめ。

t131212_1.jpg t131212_2.jpg 突然の直射日光で大半を煮てしまった、フリチアの生き残りです。

長引く残暑が幸いしてか、地味に葉数を増やしました。
ベランダの、日当たりの良い&風の当たらない特等席で越冬に臨みたいと思います。

寒さにはどの程度耐えるのかな……

t131211_1.jpg t131211_2.jpg バッキバキ。
これは転落は免れましたが、ビニールに煽られて葉っぱがめっちゃとれました。

とりあえず挿してみたけど……
庭にまこうかな。

それはそれとして、寒くなって、色が黄色っぽくなってきました。
かわいいです。

t131210_1.jpg t131210_2.jpg 名無しロンギって。

足元でワキャワキャしてた葉挿しっ子とか行方不明。
まあ新しい葉挿したくさん出来たけど。

バッキバキとは言っても、葉っぱとれただけなので。
枯れたわけじゃないので。
復活しますよ。

ちょっと凹むけど…はぁ〜

t131209_1.jpg t131209_2.jpg 乱れてるけど……
よく頑張って咲きました。

球体に大きな傷が出来てしまい、痛々しいです。
でも表面だけなので、脱皮で綺麗になるのでは、と思っています。

脱皮まで、他の原因でダメにしないことが目標です……
麗虹玉アレしたのでちょっと弱気。

t131208_1.jpg t131208_2.jpg サービス苗……だと……?

興奮しすぎて鉢ひっくり返した。
ので白いのがくっついてるけどまあいいや。

これだって出したら売れるのに……
っていうか買うのに……
まあいただくけど……

ささやかなスプリング連荘終了……
自分でやってて若干飽きた……
あいるびーばっく。

t131207_1.jpg t131207_2.jpg もやし一袋9円とかだからねえ……
ハオ一株でもやし何袋買えるかっていう。

なんかザラザラというよりサラサラ、
水をかけてもスーッと排水されるホッカラリ床のような窓のスプリングです。

好みかというと、そうでもない……
でもまー……
もやしもスプリングのにぎわい……
てきな……

t131206_1.jpg t131206_2.jpg いやいやまだ春来てないよ、やっと冬が来たところだよ、冬来たりなばだよ。
かみゅ遠からじ。敬称略。


スプリングボック(動物)はスプリング「ボック」なのに、植物はなぜにスプリング「ボク」なのか……めるしーぼく……

ベランダは徐々に落ち着きを取り戻しつつあります。
ハオ棚遮光強化しますた。

t131205_1.jpg t131205_2.jpg 魔界 x 輝鳳スーパーレンズ
輝鳳は大きな窓がこんもりした、シンプルなコンプト系交配種。

今のところ、葉の形と太線はスプリング寄りでせう。
このまま育って欲しい……。
あわよくばこんもりツルピカで……。

窓の表面の網目がざらざらりんちょで、そこは好みではないです。。。

t131204_1.jpg t131204_2.jpg 珍走団か>タイトル

魔界×魔界竜……
個人的超やばい交配……
お母さんと息子…いやそんなことを考えてはイカンイカン……

3/4は魔界つー(・∀・)
個人的期待の星です。
期待の星いくつあるねん。

t131203_1.jpg t131203_2.jpg \(^o^)/購入して即根が吹っ飛んだやつです(泣くかと思った)
というか同じ店で買ったものは大なり小なり根腐れました。 土などがうちの環境と究極に合わなかったのでせう。

発根しないまま4ヶ月ほど放置、秋が来てようやく発根しました。
本来は、タテ線ヨコ線白点となかなかクドい顔……魔界とは無関係……多分。

個人的期待の星なのです。

t131202_1.jpg t131202_2.jpg GM390
焼きすぎております。今ハオみんなこんな感じ……。

スプリングに惚れたのは、クラッスラの自生地を調べてる時に野生らしき写真をたまたま見て。

国内のブログでも何度か見てるはずなのに、記憶にないのはたぶん小苗が多かったせい……
今日の僕のブログも魅力ないもんねw

t131201_1.jpg t131201_2.jpg ♪こ よ み の う え で は ディセーンバー♪というわけで、気を取り直していきますよ。

springbokvlakensis?
……の交配種です。
「よくあるスプリング交配」っぽくない所がかわいいじゃろ?

葉先丸い!かわいい!と購入したけど新葉……トンガッてる。
今後どうなるでしょう……
かてごてすと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。