月別アーカイブ  [ 2014年04月 ] 
≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 多肉植物へ web拍手 by FC2     カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | TB(-) |

t140430_1.jpg t140430_2.jpg またスプリング!!!!


某所でなぜか高騰することで有名なこれをカットしていただきました。
根が出なかったらまたもらいに行けばいーや、と思ってしまうほどいっぱいありましたね……。

他にも色々々々と頂いたのですが根出し中だったりするので、忘れた頃に出しますよ。
スポンサーサイト

t140429_1.jpg t140429_2.jpg また!スプリングなのか!

日頃からスプリング愛を叫びまくっていたら譲って下さいました。誠にありがとうございます!ペロペロペロペロペロペロ!

さすがにだいぶスプリング欲がおさまってきました。
あとは網目の無いどシンプルなやつと、魔界!が手に入れば満足。あとあと運が良ければバリエちゃんね。
欲深いw

t140427_1.jpg t140427_2.jpg またスプリングか。

だってだって、玉万きょうみなし、ピクタ趣味じゃなし、交配種って気分じゃなし、小苗すぎてわからなし、札見てもよくわからなし、草は全然わからなし……とわからなし音頭に合わせてやぐらの周りをグルグル踊ってたらこやつらと目が合ってしまったのです。

ま〜普通っぽいですが、丸葉と太線が良いといえば良いw
とりあえず大きく育ってから考えます。

t140425_1.jpg t140425_2.jpg おお。
憧れのトリコディアデマ。

岩を穿った系鉢に植わってましたが、さっそくぶっこ抜いて浅植えにしました。ウヒョー格好いい〜

花もなんか白いのがモシャーとしてて超かわゆいです。
さて無事に育てられるのでせうか。
つづく。

t14hawfes.jpg
先日開催されたハオルシアフェスタ2014に行ってきました。
会場の雰囲気がなんとなくわかりつつも肝心の販売苗とか一切見えない感じの写真を載せてみましょう。(クリックすると多少拡大するかもよ……)

アレなので他の方のハオフェス記事を貼っておきます
工業化学系Haworthia 2014ハオルシアフェステバル①
多肉植物同好会puni 遅ればせながらハオフェス
多肉道taniku-way ハオルチアフェスタ 2014
刺窓 はおへす
ベランダ砂漠園芸 ハオフェス2014
マドギワ園芸日誌 ハオフェス行ってきました
プランツ◆コレクター ハオルシアフェスタ
徒然なるままにに ハオフェス2014
ベランダ園芸放浪記 ハオフェス2014part1 ハオフェス2014part2
なぞちゅうの多肉植物BLOGUE  ハオルチアフェスタ 2014 その2. その3. その4.

ハオの品揃え……常に人だかりが厚く商品がよく見えずゲンナリモードに突入し、そして早々に飽きました。
セリは……「ただしイケメンに限る」をリアルでもくげきしました。……が自分好みのハオじゃないと高値がついてもまったく関心が持てない残念な僕です。

個人的今回のメインは、観念して、twitterやブログでお世話になってる方々とリアルでお会いしたことです。怖かったです。
まともな人のフリをしたつもりです。みなさん本当にいい人っぽくて怖くなかったですありがとうございました。思い出して布団ジタバタ系なのでどんどん割愛しましょう。
戦利品はぼつぼつと見せますね。

t140423_1.jpg t140423_2.jpg ぶよんぶよんのサボテン!
これはブツの代金は銀行振込で送料は着払いと2回も金を払って手に入れたんですよ(文句言わない)

蕾のついた状態で来たので当然開花しました。
可憐な花です。
まだ蕾があるので咲いたらアップするかも。しないかも。

t140420_1.jpg t140420_2.jpg コゲコゲにしてしまって一時はどうなることやらでしたが復活しました。

一本は完全に逝ってたので引っこ抜いて、他の鉢に逃してたやつを2本くらい持ってきましたが、復活は復活です(キリッ

今年はがんばれ俺

t140419_1.jpg t140419_2.jpg t140419_3.jpg
ご覧の通り、雑草の根本にズボォと差し込み、グイッとひっかけごそっと抜けるグッズを購入したら幸せになりました。
草取り一番で検索すると 地味にバリエーションがありますが、僕はお手頃価格の黄色いやつを買いました。
刃物ではなく全体が1ミリ強の厚みのある板なので、切らずに引きずり出す感じです。引っ張るとある程度ちぎれますがまあそこはまあ。
ブロックの隙間の草とか容赦なくゴリゴリやっても刃こぼれの心配がほとんどないのもナイス。

僕は基本的に、両手ででわし掴みにしてバッサバッサと引っこ抜くスタイルなのですが、 それが通用しない奴ら……
すなわち、スギナ、ハマスゲ、ミント、どくだみ……等、根が強く、地下茎が残っているとそこから再生繁殖する憎いアンチクショウ……に有効な武器です。
地上部をやっつけたあとも、周辺の地面にズブズブ抜き差ししながら荒っぽくまさぐると、
たまらずあらわになった太く逞しい根を、もう一方の手でつかみ出し……とかの楽しみ方が出来ますよ。ゴム手袋はつけましょう(我ながら酷い)

……てな感じで強い武器を手に入れたら今まで苦戦していた敵がザコに変わったので、バキバキと倒しまくっております。草取りたのしす。

t140418_1.jpg ちゃーん (V)(๑◉∀◉๑)(V)
我が家の敷地のすみっこにある、崩れそうな、というか崩れかけの、花壇のようなものが、 草ボーボーのデッドスペースと化していたので、多肉を植えてみました!

春になったらやりたいなーとは前々から思っていたのですが、春まで待てず11月に強行。
根付く前に真冬になってしまうかもしれんが頑張れ!と適当なカット苗と葉っぱをばらまき、いわゆるひとつのべたがけシートを雑にかけ、春まで放置。

t140418_2.jpg t140418_3.jpg t140418_4.jpg 雨の日も雪の日も霜の日も、様子見にめくることもせず、迎えた3月終盤のしゃしんがこちら。
はい生存確認しましたー
というか正直あれですベランダのやつらより良い色、そしてかっちりと育ってないか!

というわけで千葉県内房の冬はべたがけシートでイケる!……と言い切るのは尚早ですが、まあ、今年はいけました。
今後は梅雨、そして真夏がやってくるわけですが……雨よけと遮光のトンネルとか作ったほうがいいのかなあ? まあめんどいので、やばくなるまで放置。

t140414_1.jpg t140414_2.jpg 手で触りまくり;;

ゴッゴルで検索しましたら驚愕の7件ヒット。
pachyphytum traskiiで16件ヒット。
thraskii……ではなさそうだし。

んで、検索結果みると日本語サイトばっかり、というか愛仙園で買いましたーという記事ばっかりなので、山城で何かが起こったのでは、とかいうギネンが。

大阪だから虎好きーってそりゃねーかw
とりあえず星&月美人と並べて観察の所存。

t140413_1.jpg t140413_2.jpg エケベリアストリクチフロラ。
なんかこうピンクというよりはくすんだ肌色みたいな色味で、どうも華やかさに欠けるんです。

フチが黒く染まるてきな記述もあるのですがそんなこともなく冬を越しました。
なんだろう産地によってvar.的なものが色々あるのでしょうかね。

てな感じでこれから夏に向かいますが、もしかして緑になるのでしょうか。ますます地味になるのでしょうかー

t140411_1.jpg t140411_2.jpg やたら元気です。セダムが。

冬の間はベランダのアクリルの謎の箱の中でした。懸念に反してなんなく冬越ししました。

大半の時を紫色になってちぢこまって過ごしていましたが、水を与えると即座にふくらんでくるので、本当に水好きなんだなあと思った次第です。

ぼちぼち暖かくなってきたので、成長を見せてくれるとうれしいなあ。

t140410_1.jpg t140410_2.jpg 少し前に王妃神刀を載せたようなきがするのですが、
あれはじつは頭をバスっと落とした下側で、今日のがその頭を置いといたら根付いて咲いたちゃんです。
今日の写真にも見切れてますが。

クラッスラの花は細かいのが集団で咲いてぽわわわわんっと可愛らしいですね。

t1400408_1.jpg t1400408_2.jpg アイゼンフリューゲル!(挨拶)

事故やら強風やらでなにかと枝がもげているものの、全体的には元気だと思います。

コンパクトながらも枝分かれしてわさわさと可愛いので気に入っています。
願わくば幹がもっと太くなってほしいです。

t1400407_1.jpg t1400407_2.jpg 夏はなかなかにひどい感じにしてしまいましたが最近かわいさを取り戻しておま。

どちらかというと涼しめ日光弱めの場所に置いてますが良い色です。
今後の季節だよなー課題は。

なんか微妙に焼けやすいくせに伸びやすいみたいなエケベリアが何匹かいて悩ましいです。

t1400405_1.jpg t1400405_2.jpg こっちが本命っちゃ本命というか、稔ったら面白いなと思っているやつです。

色々ごっちゃり生えててわかりづらいですが、花芽を切って挿しといたら根付いて咲いたちゃんです。

お相手のプルビカルンわけわからん名前ですがエケべ×エケべらしいのでセーフ。多分。

咲いた先から面相筆で交互にコショコショしただけなのでダメかもしれんですが。
収穫して薬包紙に包み冷蔵庫です。薬包紙ありがとうございます。

t1400404_1.jpg t1400404_2.jpg ご夫婦で記念写真の図。
エリザベスが咲いたので交配してみたです。まあ今回は交配〜採種〜実生の練習ということで、同時期に咲いていたものと適当にやりました。

やり方はこちら「エケベリア等の交配や実生方法」でめっちゃ丁寧に説明されていますのでどうぞ。

↑僕はこれを読む頃には自己流で筆でぐりぐりやり終わってしまったので来年に活かそう……
と熟読していたら、うちのエリザベスにそっくりな花が「グラプトベリアの花」として紹介されており。ドドドドドド……

t1400404_3.jpg t1400404_4.jpg そうですエリザベスはグラプトベリアらしかったのです。しらんかった。

んで「属間交雑種は不稔になる(ラバしかりライガーしかり)」とのことなんですね。
まじかー。でも「植物は動物よりはずっと雑種不稔が起こり難く」ともあるのでまあ一縷の望み的な。

咲き終わった花を見てみても結実してるんだかどうなんだかわかりません、生っぽいけどもう収穫しちゃいました。
まあいいやで、今解体して不稔だと下がりまくりなので、乾燥を兼ねて秋まで冷蔵します。

t1400402_1.jpg t1400402_2.jpg 某マンマさんの凸丸窓くっきりなコレクタがめっちゃ良いー!と思っていたのですが、名前がわかりませんで、入手先のHPを見て見てみるとこれじゃないかなーーーと思われるものはあったものの、そうかもしれないし違うかもしれない、そもそも売り切れだったのですが、ほしいなーほしいなーと思っていたら願いが天に通じたのか、ある日速報カタログに出てたのでシュババババッとスマホから注文して手にはいりました。でも某マンマさんのやつと同じかもしれないし違うかもしれないですね。現状ではぜんぜん似てませんが。育ってのお楽しみです。読みづれーですね。あはは。

t1400401_2.jpg ■汚れた「白マミ」は漂白できる
白系のマミラリア、潅水の失敗等で薄汚れてしまったら、取り返しがつかないと思っていませんか?
薄汚れてしまったら、キッチンハ◯ター等の塩素系漂白剤を薄めてかけると綺麗に白くなります。
最後にきれいな水で成分を洗い流しましょう。

■綿毛系のサボテンは柔軟剤でふわふわに
アレオレに綿毛があるタイプは頭から水をかけてしまうと、綿毛が固まってしまいみすぼらしいですよね。
そこで柔軟剤の出番です。薄めに希釈した液を毛の部分に染み込ませます。
あとはドライヤーの冷風を当てながら歯ブラシで逆立てるだけでふわふわに。

■粉剥げの補修はベビーパウダーで
エケベリア等の「粉物」に触れてしまうと、見た目が悪くなりますね。
そんなときはベビーパウダーを茶こしに入れて軽くふりかけると、元通りとは行かないまでも、目立たなくすることができます。


t1400401_3.jpg ■取れやすい葉は瞬間接着剤で補強
移動や植替えのたびに葉が取れやすいものは多くの趣味家の悩みのタネですね。
そんなときは葉の付け根に瞬間接着剤を1滴たらしておくと、格段に取れにくくなります。

■オルトランは甘い
プレーンヨーグルトについてくる顆粒の砂糖ありますよね。
あれにタマネギ成分を足したものがオルトランです。
なので舐めると甘いです。決してオススメはしませんが。

■サボテンで恋が叶う
メキシコでは、好きな人の家やデスクの前でウチワサボテンを33回振ると恋が叶うと言われています。
激しくパサパサしましょう。

t1400401_1.jpg ※以上、エイプリルフールネタでした※
実際に試さないでください\(^o^)/

タイトルにも嘘って入ってるし内容もひどいクオリティにしたのでわかるだろーと思いましたが、ネットの海には文章読めない人がいるのでな、、、しかしこうやって書いてしまうと一気につまらなくなるのを感じつつ。

しかし本当に、白マミ植え替え時に土の上に頭から落っことした僕としては白く出来るものならしたいであります。
あと一箇所抜けたウチワのトゲをどうにか植毛したいです。
かてごてすと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。