月別アーカイブ  [ 2014年09月 ] 
≪ 前月 |  2014年09月  | 翌月 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 多肉植物へ web拍手 by FC2     カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | TB(-) |

t140930_1.jpg t140930_2.jpg ……と呼ぶしか無いのさ、名無しで入手したので。
ハオの斑入りにはそれほど興味が無いですが、やはり素直に綺麗だなーと思うものもあり、そのひとつがこれです。

入手時の写真を掘り起こしてみたら、意外と育ってました。そして伸びてました。
伸びても綺麗というのが斑入りの魅力ですよね!ねっ!?
スポンサーサイト

t140925_1.jpg t140925_2.jpg t140925_3.jpg
先週の話になりますが、朝起きたら植物に穴があいていました。
頂いたばかりの、球根?塊根?を埋めてあったのを引きずり出して、斜めにして、芋部をおいしく召し上がったようです。
実生のメセンも気に入ったようで、ひと粒だけ生き残っていた日輪玉が消えていました。綾耀玉も3粒残っていたのがゼロになりました。紅大内も激減したし、春蒔きのリトープスはあらかた食いつくされました。
そのほかにも、ベランダのあちこちで、真新しい傷や食べ跡が確認されました。食欲旺盛です。
オープンな環境で栽培しているので、さまざまの虫も来るし、カエルも来るのですが、ここまでの食害は初めてなので、少しうろたえます。

t140925_4.jpg t140925_5.jpg t140925_6.jpg
這った粘液の跡はなく、また糞や糸を吐いた様子もないので、ナメゴンやキャタピラではないようです。そもそもフットワークが軽すぎる。
もしかして……ゴキのブリではなかろうか……と、ホイのホイを設置しました。特に大事な苗は不織布でガードしました。
その直後、母から「一階の屋根裏にネズミが入った」と聞かされました。

ねづみと聞くと、ドブネズミのような大きなものをイメージする方もいるかもしれませんが、我が家の屋根裏に入るのは、体長5センチ程度の小さなやつです。かわいいです。
旺盛な食欲と、苗を引っこ抜くパワー、残された歯型から、なんとなく納得します。
ネズミであれば猫の糞尿の臭いを忌避するだろう、と思い、使用済みネコ砂を数カ所に設置しました。
ちと気の毒ですが、はやいとこ罠にかかっていただきたい。

t140924_1.jpg t140924_2.jpg 気づいたら増えてました。
この夏も、直射日光が当たったり当たらなかったりの場所で、潅水は雨にまかせていました。

水が切れてくると、しなびたジャガイモのようなブヨブヨとした感触になっていましたが、雨の後はぱつぱつ、というより、カッチカチに。かわいいです。

さて秋ということはじきに冬が来ます。
去年の冬はこいつをどうしていたのか、思い出せない……

t140921_1.jpg t140921_2.jpg ……けっこう咲き進んでしまって、汚いかもしれません。

花にピントをあわせるのが難しくて、というか綺麗にピントが合っているものがとうとう一枚もなくて、絶望しました。

去年ひどい葉焼けをさせてしまったのに、枯れないでこうして咲いてくれたのは、嬉しい事です。
このあと、子株が出るのでしょうか。心配です。

t140917_1.jpg t140917_2.jpg かわいい。
去年の12月に買いましたが、ろくに育て方も調べず、適当に植え、適当に雨ざらしにしてたら一回り大きくなりました。

聞くところによると寒さに弱い、とか。
標高の高いところ出身なので寒さは平気、という説もあり。
まあ実際のところは自分で探るしかない……っす。

t140910_1.jpg t140910_2.jpg この夏は遮光がいいかげんで、すごく暗いところと、すごく明るい(暑い)ところとができてしまいました。

んで福娘は暗いところのなかでも暗いところに置いていたら、さすがに伸びました。

ぼちぼち涼しくなってきたようなので、切り戻すのもアリかなーと思ってます。

t140908_1.jpg t140908_2.jpg 写真が暗いし色が転んでるーでもなんか綺麗だったのでそのまま!

6月に咲いたものがまた咲きました。
これが普通なのかちょっとわからないですが。綺麗かわいいです。

いまのところ無肥料だった気がします。液肥ぐらいやってもいいかもしれません。

t140906_1.jpg 去年の冬から今年の秋にかけて、チョコチョコと種子を買ってしまい、けっこうな数になりました。それを一気に蒔きました。

・リトープスがたくさんと、コノフィツムとオフタルモが数種
・その他メセンいくつか
・エケベリア、クラスラ、グラプトを数種ずつ
・春に自分で授粉したエケ。花がらごと常温で置いていたのでカビてました。
・あとチレコと、アナカン、キスタンテ、などです。

個人的な目玉はアナカンです。なかなか取り扱いがなくて、ツイッターでつながった方に種子をさがして譲っていただいたので、ぜひ発芽してほしい!


買ってあったセルトレーだけでは足りないので、一部は菊鉢や、果物が入っていたパックに蒔きました。
どれとどれをどこに蒔くか、土の仕切りをどうしようとか、この店の種子には札がないから書かないと、とか考えていたら、混乱してきて、タネの小袋を机に広げて眺めてるだけで、ぐったりしてしまい、1日目が終わりました。頭が働かないときの自分はとことん無能です。

次の日は容器に土を詰めて水を張っただけ。

t140906_2.jpg 翌日と翌々日にだらだらと播種。息を止めて蒔きましたが、隣のセルとかに飛んでると思います。あと絶対みんな厚蒔きになっている……。

メセンのタネは極小とよく言われますが、大きい方だと思います。エケベリアのタネは本当にカスみたいです。ちゃんと蒔けたのかどうかもよくわかりません。カスみたいな種子を蒔くときは筆を使うとやりやすいとわかりました。


【レシピとメモ】
いつものホムセンの種まき培養土です。ラクで最高。大きな鉢は下半分に軽石中粒。
消毒はしませんでした。どんどん手抜きします。
カビが出たらジマンダイセンをかけるつもり。

容器も、清潔ならなんでも良いと思ってきました。発芽率は種子の品質によるところが大きいし、きつくなったら移植するので。
ペットボトルを切って熱湯で消毒とかしなくても平気です。
ハオの実生に関しては、ド下手なので、何も言えねぇ。

しばらくは遮光下で腰水管理です。

t140904_1.jpg t140904_2.jpg ブログ書くのがおっくうです。ベランダに出て植物写真撮るのも写真を管理するのもめんどいです。。。

桜吹雪の、クラッスラの鉢に彩りとして入れたものが、咲きそうだな……とは思ってたのですが、そろそろ咲いたかな、と見に行ったら、とっくに終わっていました。

種子も、触ったらポロポロとこぼれてしまい、慌てて土の上にもっていきました。
こぼれ種からもよく増えると定評があるので、まあ、期待しましょう。ぐだぐだ。

t140901_1.jpg t140901_2.jpg はい咲きまくりました。
花茎に付いている葉やガクも、よく見ると反っている感じです。面白いですね。

んで、仔吹きまくり。
基本的に仔吹いて群生株になるのは大好きなのですが、コイツは単頭ででっかくしてみたいんです……!
親株めっちゃ小さくなってるし……

てことでこの写真撮った後バラしました。
トップシー畑が出来るよ!
かてごてすと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。